COLLECTION

CONCEPT

ひとつひとつ丁寧に、
心を込めて仕立てる製品

瀬戸内の風を感じる岡山県倉敷市。瀬戸大橋からほど近い場所に中重被服興業はある。倉敷といえば日本産のデニムパンツの生産地として有名。デュエノのパンツはこの倉敷で作られた。デニムとスラックラインでは縫い方が異なり、スラックスの方が高い技術を求められる。素材、デザインによって型紙や縫い方を変えるなど、徹底したこだわりをもつ。

長くはいてもらいたいから、
安いものは作らない。

デザイン通りに作っても、美しいヒップラインは生まれない。試作品を作り、実際にはいてシルエットを確認。数ミリ単位での調整を行い、何度も、何度も調整を重ねて納得できる完璧なシルエットに仕上げる。数値では表現できない職人の長年にわたり培った経験が「ふっくらとしたパンツ」を作り上げる。かんたんかつ大量に生産できるものではなく、仕上がりを重視した「こだわりのものづくり」を貫く姿勢。デュエノの最大の魅力である美しいシルエットとはき心地は、日本の技術が生み出した世界に誇れる逸品といえよう。

作りやすいものより
はき心地や仕上がりを大切に。

例えば材料の生地をそのままの状態で使うのではなく、風合いを出すために一度洗ってから使う。このひと手間が、商品にさらなる価値をもたらす。
何とも言えない触り心地、見た目のやわらかさなど、洗う前の生地が持ち合わすことのない雰囲気が生まれる。
その「ひと手間」を惜しまず追求することが、商品の価値を高め、1本ずつ丁寧に仕立てる手作りならではの品質となる。

INFORMATION

Page TopPage Top